便秘治療 便秘お茶

副作用にさよなら!2種類の便秘茶を理解し、正しく便秘を解消しよう!

便秘茶は便秘解消に効果がありますが、副作用もあります。
その副作用を知らずに飲用していると、便秘茶で便秘を悪化させることもあるのです。
便秘茶を飲むこと自体は悪くありませんが、その特徴を理解し自分に合った便秘茶を選ぶことが必要です。

 

そこで今回は、便秘茶の種類と正しい選び方に関してご紹介します。
便秘茶を正しく理解して、すっきり便秘を解消しましょう。

便秘茶は腸刺激系と食物繊維系の2種類!

便秘茶は大きく分けて2種類に分類されます。

 

・腸刺激系:腸を刺激して便を促進する。
・食物繊維:食物繊維を多く含み自然に便を出やすくする。

 

厳密にわけるともっと細かく分かれるのですが、便秘茶で正しく便秘を解消する為に、まずはこの2種類から理解しましょう。

下剤と同じ効果を持つ腸刺激系

腸刺激系とは、腸を刺激して排便させる、下剤と同じ成分が含まれているものを指します。
便秘茶にはキャンドルブッシュ(別名ゴールデンキャンドル、ハネセンナ)という植物が含まれているものがあります。そのキャンドルブッシュこそが下剤効果をもった植物になります。

 

◯どんなメリット?
腸刺激系を使う最大のメリットは、その即効性です。
腸刺激系は下剤と同じく即効性があるので、便秘が長引き一刻も早く解消したい!というケースや、薬は使いたくないけどすぐに便秘を治したい!というケースには最適です。

 

また、キャンドルブッシュにはポリフェノールが含まれているので、生活習慣病や高血圧を予防する副次的な効果もあります。

 

◯どんなデメリット?
即効性がある代わりに、デメリットもあります。
下剤効果のある成分を飲んでいるので、下剤と同じ副作用が起きてしまうのです。

 

1.腸の機能が低下する
下剤効果のあるお茶を飲み続けるということは、腸が何もしなくても便がでる状態が続くことになるので、その状態が続くとだんだんと腸の動きが悪くなっていきます。
つまり、便秘茶に依存し、便秘茶がないと便が出せなくなってしまいます。便秘を治す為に便秘茶を飲んだのに、むしろ便秘が悪化してしまうのです。

 

2.下剤性結腸症候群
下剤性結腸症候群(げざいせいけっちょうしょうこうぐん)とは、腸に便がなくても便意を感じてしまう症状です。
1のように腸の機能が低下すると、それを補おうとさらに多く下剤効果のあるものを摂取するようになります。そうすると、下痢便が多くなり、その状態が続くと腸で炎症が起こり、腸の中に何もなくても常に便意を感じてしまうようになります。

 

3.子宮の収縮
下剤効果のあるものは腸の運動を促進するのと同時に、子宮を収縮させてしまう効果があります。
特に妊娠中の場合は、子宮が収縮することで圧迫され、早産や流産の危険性につながるので注意が必要です。必ず便秘茶を選ぶ時はお医者さんに相談のもと選ぶ様にしましょう。

自然に排便を促す食物繊維系

食物繊維が沢山含まれていて、自然に便を促してくれるものを食物繊維系といいます。
具体的に便秘茶でいうと、オオバコやアロエ、桑の葉などが含まれているものになります。

 

◯そもそも食物繊維とは?
食物繊維は、不溶性と水溶性の2種類にわけられます。
不溶性はサツマイモなどの繊維質の多い野菜に含まれ、消化器内の水分を吸収し、便量を増やし排便を促す効果があります。
水溶性の食物繊維は言葉の通り水に溶ける食物繊維なのですが、腸内で水を吸収しゲル状になり便を柔らかくしてくれます。

 

◯食物繊維系のメリット・デメリット
腸刺激系とちがい無理なく排便を促すので体への負担が少ないのが特徴です。
しかし、短期間では効果があらわれないので、継続的に続ける必要があります。
慢性的な便秘でゆっくりと便秘を解消したい人におすすめです。

 

不溶性と水溶性はどちらもバランスよく摂ることでうまく作用します。不溶性2:水溶性1の割合で摂取することが良いといわれています。
便秘茶に多く含まれているのは水溶性の食物繊維なので、不溶性の食物繊維とうまくバランスをとりながら摂取しましょう。

【まとめ】短距離走と長距離走。うまく使いわけよう

腸刺激系と食物繊維系の特徴をまとめると以下のようになります。

 

腸刺激系

・下剤と同じ成分が入っている
・即効性がある
・依存してしまうと様々な副作用がでる
・妊婦さんは飲用注意

 

食物繊維系

・即効性はない
・体に負担がかかりにくい
・水溶性の食物繊維を含んでいるため不溶性のものと組み合わせて摂取する

 

 

イメージとしては、即効性があり効果も出やすいですが、体に負担がかかりやすい腸刺激系は「短距離走」。
効果が出るのは遅いですが、体に負担なく長期的に便秘を解消する食物繊維系は「長距離走」といえます。
どちらもそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分の症状と合わせて使い分けることが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか。
便秘解消の為に便秘茶を飲んでいても、その特徴を理解していないとなかなか思い通りの効果を得ることはできません。
ぜひあなたにあった便秘茶を選んで、健康な毎日を送りましょう!