ヨーグルトの特徴:便秘改善

ヨーグルトの特徴:便秘改善

便秘とは、「排便の間隔が3日以上あいてしまう」症状の事で、
特に女性に、ホルモンの関係で起こりやすい症状と言われています。

 

便秘になると、便が腸の中で腐敗していき、悪玉菌が増えてしまいます。
この悪玉菌は腸内環境を悪くする菌なので、悪玉菌が増えると更に便秘がひどくなってしまい、
かつ体の他の部分にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

便秘改善には様々な方法があります。
例えば運動をして排便に必要な筋肉を鍛えたり、一日の摂取水分量を増やしたり、
オレイン酸や食物繊維が多く含まれたアボガド・ナッツ類・野菜類・海藻をバランスよくとることも効果的です。

 

ここでは、便秘改善に役立つ食材の一つであるヨーグルトの特徴を紹介します。
ヨーグルトとは、草食動物から捕れる乳に乳酸菌や酵母をも混ぜて発酵させた発酵食品の一つです。
発酵食品ですので、ヨーグルト中には菌が最大密度まで増えている状態となっています。

 

この乳酸菌が、ヨーグルトが便秘解消に良い理由です。
乳酸菌は腸内環境を良くする善玉菌の一種です。
腸内では、善玉菌と悪玉菌の適正な生育環境(pH)が異なりますので、善玉菌が増えると言うことは悪玉菌は
減ります。
つまり乳酸菌(善玉菌)を摂取する事で腸内の悪玉菌は減り、
それが腸のぜん動運動を促進し排便がスムーズになるという仕組みなのです。

 

ちなみにですが、ヨーグルトを食べるとき、甘くするためにオリゴ糖をかけますよね。
実はこのオリゴ糖も、砂糖より構造が複雑で分解されにくく腸まで届きやすいという特徴を持ちます。
このオリゴ糖が乳酸菌のえさとなり乳酸菌をを活発にさせてくれますので、
ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂取する事は便秘解消のための相乗効果が起こります。

 

また、生きた乳酸菌を腸まで届けるためには胃酸が薄まっている食後か、
腸の働きが高まる午後10時〜午前2時に合わせてヨーグルトととるとより便秘解消につながると言われています。

 

ヨーグルトを効果的に摂取して便秘の改善を目指してみませんか?