便秘の種類を知ろう

便秘の種類を知ろう

「便秘」と一口にいっても、その原因や症状、対処法は多種多様です。
生活習慣が原因であったり、命にかかわる病気が原因のものなどがあるので、自己判断は禁物です。便秘は「機能性便秘」と「器質性便秘」、「薬剤性便秘」の3種類に分けることができ、機能性便秘はさらに細かく分類することができます。
【機能性便秘】
機能性便秘は、普段の食生活や生活習慣が原因となって起こる便秘の種類です。
@弛緩性便秘
弛緩性便秘はもっとも代表的な種類です。大腸を動かす筋力が弱いことが主な原因で、便を押し出す力が弱く便秘状態となってしまうものです。高齢者や女性に多く見られます。
便の性状は固くコロコロとなり、残便感が残る場合があります。またガスもうまく排出されないため、常におなかが張ったような状態になります。
A痙攣性便秘
痙攣性便秘は、ストレスが原因となって生じることが多い便秘の種類です。ストレスにより自律神経が正常に作用せず、うまく働かなくなります。その結果、大腸が便を押し出すための運動が早くなりすぎてしまい、痙攣したような状態になってしまうのです。そのため、下痢と便秘が交互に起こってしまいます。
大腸の過剰な運動が原因となっているため、食後に下腹部痛を催す場合が多く見られます。また、便秘の時は固くコロコロとした便で、残便感が残ることもあります。
B直腸性便秘
直腸性便秘とは、便が直腸まで来ているのに、痔などの肛門付近の問題によって、うまく排便することができないことが原因で生じる便秘です。直腸性便秘を改善するためには、肛門の機能障害を除去する必要があります。
便意の発生のメカニズムは、便が直腸に到達する→直腸の神経が刺激される→大脳に伝わる→便意が生じる となっています。

 

【器質性便秘】
便が作られる過程で障害が起き、便がスムーズに通過しないことが原因で生じる便秘です。原因として大腸がんや大腸ポリープなどの疾患が疑われる場合もあるため注意が必要です。

 

【薬剤性便秘】
薬の中には副作用に便秘があるものもあります。薬の副作用が原因で生じる便秘のことです。もし薬が原因で便秘となった場合は主治医に相談しましょう。