便秘の定義とは

便秘の定義とは

女性でとても悩んでいる人が多い便秘ですが、そもそも便秘の定義とはなんなのでしょうか。なかなか排便がなかったり、色々試しても治らない、という人は沢山いますが大抵は排便が3日以上ない、もしくは毎日排便があったとしても残便感を感じる状態というのが定義になっています。明確な定義ではありませんが、排便してもすっきりしなかったり、しても便が固くて排便が困難な状況等が挙げられます。自分が便秘であるという認識の女性は非常に多いですが、実はそうではない人もとても多いです。女性は男性に比べるとどうしてもおなかの筋肉が弱いので、便を出す力がもともと弱いです。ダイエット等により食べる量がそもそも少なく、便を作れないような食生活を送っている人も多いですし、現在の女性はちょっとした便秘を誘発する要因がたくさん潜んでいます。その為毎日便が出なかったとしても、それは便秘ではないのです。また、便秘と思い込んでしまうことでもともと便秘ではなかったのにそのストレスによってでなくなってしまう、という人も少なくありません。確かに便秘によっておなかがぽっこりしてしまったり、体重が増えることによりストレスが増えることもありますが、あまり気にしすぎないことが重要といえます。また、3日以上排便がなかったり、便の状態が悪い時は便秘薬や便秘改善サプリメントに頼ることも1つの方法です。こういった薬やサプリメントには、下剤のような成分が含まれています。腸に負担を与えてしまう成分なのです。そのため長期間にわたって服用し続けるのは腸に負担が発生しますが、1週間に1回など、期間をあけて服用する分には体に問題は起こりません。便秘には精神的ストレスと食物繊維不足が1番の課題になりますので、時には薬類に頼って解決するのもいいでしょう。普段からゴボウ等の食物繊維の多く含む食べ物や水分を不足しないように摂取し、正しい食生活を送るようにしましょう。